残業未払いとは

 

残業未払いとは、時間外労働を行ったにも関わらず、その分のお金が支払われない事です。一部の企業は、人件費の抑制、企業利益を確保するために従業員が残業を行っても、そのお金を支払っていないです。結果、サービス残業が日常的となり、人によっては心身を悪くし、休職、退職を余儀なくされる事もあります。

合理的な理由があって残業をしているにも関わらず、サービス残業とみなされ、その分の賃金をもらえない労働者は少なくないです。しかし、その問題点の改善を企業に訴えた場合、自分自身の企業内に居づらくなります。また、同僚や家族等に迷惑をかける可能性があるので、なかなか訴える事ができないでいます。
サービス残業は、企業にとっても個人にとっても好ましいものではないです。しかし、一部の大企業や多くの利潤を上げている企業を除いて、残業代をすべての従業員に払う事によって自社の経営が苦しくなる企業が大多数です。そのため、サービス残業は続いています。
企業は、残業を行った従業員に対してその分のお金を支払うべきです。しかし、それを実行すれば倒産し、多くの社員を路頭に迷わす事になります。この問題は従業員の健康を守る点や法律を順守する点から必ず解決させなければならないです。その一方で、安定雇用を喪失する危険性を孕んでいます。