退職金未払いとは

 

雇用契約が終了した際に、労働者に対して一時金として支払われるのが退職金です。企業側から退職をした人に支払われる金額は、就労していた期間などの条件によってそれぞれ異なっています。退職金に関しての決まりごとは就業規則によって定められていることがほとんどですが、必ずしも企業側が退職金を支払わなければならないという決まりはありません。退職金に関する規定が設けられていない場合には、労働者に対して退職金を支払う義務はないのです。
しかし、企業側に退職金規程がある場合、あらかじめ定められた条件での退職金の支払いは義務となっており、退職した労働者に対しては必ず退職金を支給しなければならないのです。
万が一、企業側に退職金規程が設けられているにもかかわらず、退職金の支払いがなされない場合には賃金の不払いと同様の法律上の規制を受けることとなります。
しかし、企業側に退職金規程が設けられていたとしても、企業の規則を著しく逸脱した行動や反社会的な行動によって懲戒解雇を受けた場合、退職金規程にそのようなケースに関しての明記があるときには退職金は支払わないこともあります。
しかし、退職金を受け取る正当な権利があるのもかかわらず、退職金が支払われない場合には弁護士などの力を借りて企業側と話し合いの場を持つことになります。