ボーナスの未払いとは

労働者は退職時には労働の対象として受け取るお金が未払いの場合、会社に請求することが出来ますが、ボーナスは会社の恩恵的なものとして考えられておりますので請求することが出来ません、つまり支給をする、しないは会社の裁量に任されている分けで、経営者に法律上の支払いの義務を課してはいないのです。
会社にボーナスの未払いを請求できるのは、会社の就業規則・労働契約書にボーナスが明記されているとか、慣行として支給されている場合は請求することが出来ます。
本来ボーナスは、恩恵的なものであっても、労働基準法の条文の中でも[名称の如何を問わず、労働の対象として使用者が労働者に支払う全てのもの]と規定しており、この場合はボーナスも賃金に該当し、支払いをしなければならないことになっています。
労働契約は書面でなくとも口頭でも成立しますが、後々のトラブルの種になります。
例えば、求人広告でボーナスを明示していますが、労働契約書を交わしていない場合です。
この場合、労働契約の内容が有効となるわけではありませんが、特段の変更をしない限り労働契約が有効となり、請求することが出来ます。
ボーナスの未払いを請求で問題になるのは退職時です。
在籍時を理由に会社は支払いを拒みますが、リストラ等の会社理由での退職の場合は支払いを請求できます。